大人ニキビは乾燥肌対策が大切!

大人ニキビは乾燥肌対策が大切です!

顔を洗いすぎていませんか?

毎日ちゃんとケアしてるつもりなのにどういうわけかニキビができやすい。

 

しかも1度できてしまうとなかなか治らない、そんな人は多いのではないでしょうか?

 

大人ニキビのできる原因はさまざまですが、原因の1つに乾燥肌というものがあります。

 

思春期のニキビは、急成長の時期には皮脂腺の活動も活発になるため、どうしても皮脂が過剰になって毛穴が詰まりやすい状態になってニキビが発生しているために、しっかりと皮脂を落とさないとニキビができてしまうという認識を持ってしまいがちなのですが、実は大人ニキビの場合は、肌のタイプとしては乾燥肌の方の方が多いのです。

 

それなのに、皮脂を落とそうと一生懸命洗顔をして、結果的に肌を乾燥させてしまって皮脂が多く分泌しやすい状態を作ってしまっているのです。

洗顔後に顔を拭かない!

ニキビ体質の方の中には私は皮脂が多くてテカテカしているので乾燥していないという方もいるかと思いますが、そもそも皮脂が余計に分泌する原因も乾燥なのです。

 

ニキビがなぜできてしまっているのか?ということをちゃんと考えないと、本当に間違ったケアを続けてしまい、結果的に一生もののクレーターになってしまうことがあるので注意が必要です。

 

乾燥して皮脂が多くなってしまっているという場合に、私が実践しているてお金がかからず誰にでもすぐに試せることでお勧めの方法は、洗顔後にタオルで拭かずに化粧水をつけるというやり方です。

 

もちろん、洗いすぎによって肌が乾燥しているため、ゴシゴシと洗わないようにする工夫もします。

 

洗顔の仕方としては、できるだけ泡をたくさん作って、泡のスポンジで洗顔するように優しく洗うのがポイントです。それに加えて、洗顔後に顔を拭かないということを実践するのです。

 

お肌はタオルで水分を拭いた時点からすぐに乾燥が始まります。そのため、顔の水滴はタオルで拭かずに手でお肌に馴染ませるようにして、その後すぐに化粧水をつけるのが効果的です。

 

もちろん、顔に付着している水滴が乾いてしまっては意味がありませんので、まだ湿っている状態のうちに保湿をするのです。

 

ただし、あまりにもびしょびしょだと化粧水の効果が薄れてしまうので、肌を伝ってしまうほど水滴が付いているなら化粧水を付ける直前にタオルで軽くふき取りましょう。

 

また、お風呂で洗顔した後も何もしないとどんどん乾燥してきてしまいます。

 

お風呂で洗顔をしたあとはマスクのようなもので顔を覆い、乾燥対策することをお勧めします。これなら全くお金もかからず誰でも手軽に始めることができると思います。