大人ニキビ対策は個々の原因に合ったスキンケアをすることが大事

大人ニキビ対策は個々の原因に合ったスキンケアをすることが大事

大人のニキビは原因がいろいろ

大人ニキビって思春期ニキビに比べてなかなか対策が難しいというのは感じたことがありませんか?

 

私は中学生くらいの頃からずっとニキビに悩んでいたのですが、10代の頃は確かにたくさんニキビができたことはあったのですが、洗顔や保湿をしっかりとやるようにしただけで結構あっさり治まったんです。

 

しかし、20代になって就職してからまたニキビに悩むようになって、10代の頃と同じようにスキンケアをしっかりやるようになったのですが、一向に改善されなかったのです。

 

これは大人のニキビというのは、原因がとても複雑だからなんです。

 

例えば10代の頃にニキビができやすいのは、思春期になって成長ホルモンが活発に分泌されるために、どうしても皮脂線の活動も活発になって皮脂の分泌が多量になるためですね。

 

思い返してみても肌が乾燥するなんて想像もできないくらいに、しっとりとしていて常に油ギッシュという感じでした。

 

そのため、学校でも家でも常に顔を洗っていた覚えがあります。

 

とにかくニキビに刺激を与えないように気を使いながらも、皮脂を取り除くことを意識した結果、ニキビは明らかにできなくなりました。

 

しかし、大人の場合は皮脂が原因でないことが多いのです。

 

例えば、ストレスや生活習慣の乱れなどの影響が大きくなってきます。

 

さらに、メイクなどをしっかりとするようになったりすることや、仕事上の付き合い、ホルモンバランスの変化など、思春期にくらべて肌に悪影響を与える環境が増えてくるため、いろんなことが複合的に絡み合ってニキビが発生してしまうのです。

 

あなたのニキビの原因は?

さきほども言ったように、大人になってからのニキビは原因の特定が難しいのですが、ある程度絞ってあげないと対策も難しくなってしまいます。

 

例えば、メイクの汚れが詰まってしまったことによってニキビができている場合は、まずはしっかりとメイク汚れを落とす必要があるため、クレンジングの見直しなどが必要になってくるわけですね。

 

しかし、思春期ニキビの延長で皮脂が原因だと考えて洗顔や保湿をしっかりとやったところで、そもそものメイクが落ちていなのだから、いくら対策をしたところで効果を得られるわけがありません。

 

そのため、まずはしっかりと何が原因でニキビができてしまっているのか、自分の体調や肌の様子、さらに生活習慣や食生活まで踏み込んで、振り返ってみることが大切です。